スポンサーサイト

  • 2015.03.27 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ビフォーアフター

    • 2012.11.11 Sunday
    • 21:46
    121111_214405.jpg
    なんと!
    鉄平くんの18才の頃と今。


    惚れてまうやろ!

    失言レストラン百物語編

    • 2012.11.06 Tuesday
    • 04:15
    Image0013.JPG
    流石鉄平です。

    今日は少し怖い話をします。先日、いつもはなかなか予約してくれない先輩(匿名 木山ともき)が急に予約するとメールくれたんですが、事情を聞いてみると、彼は昨晩、奇妙な夢を見たそうなんです…。その夢の内容は、劇場で観劇していると舞台上になんと!ミッチーさんがボンテージ姿で空中浮遊をしていたのです!仕事の都合で客席から立つと、ミッチーさんがもの凄い表情で睨み付け、金縛りになり、「うわ〜〜〜!」と叫んで冷や汗びっしょりで目覚めたそうです。こりゃ予約しないといけないな!と思って予約を入れたそうです。…ミッチーさんの集客力はそんな秘密があったのですね!人の夢の中にまで出るとは…もの凄い予約への執ね…ゴフッ!…情熱を感じました!
    その後、恐ろしい事にその先輩は、スケジュールを確認すると言ってから、一週間も音信不通です!早く予約を入れて下さい!あなたの夢の中にもミッチーさんが出るかも知れません!

    はじめまして!!!

    • 2012.11.02 Friday
    • 15:56
    はじめまして!!
    ゲキバカというところに所属しております。
    鈴木ハルニと申します!!
    清士郎さんからバトンを受けて丸一日放置してしまいました!!!(>_<)
    すいません、ならず者ハルニです。

    いやいや、久々の大阪に来て3日が経ちまして、充実した日々を送っておりますが昨日はなんと、初通し稽古でした!!!

    正直バタバタしましたぁ笑
    僕自身初めてするシーンも多くて(^_^;)右往左往しながらも、なかなかに楽しい通しでした!!

    こっから、グググッと凝縮されて行くと思うと超楽しみでっす)^o^(
    個人的にも今回は初めてご一緒させていただく方々ばかりなので、たくさん刺激をいただいて、みんなで良い物を作っていきたいいっす!!!!

    ヘンテコリンな役者ですが、大阪の皆様よろしくお願いいたしまっす!!!!m(__)m



    それでは、お次は同じチームの吉良ちひろちゃんにバトンタッチ〜♪
    BlackBerry from DOCOMO

    ハルニさん登場!

    • 2012.11.01 Thursday
    • 02:33
    ども。猫の森の斉藤清士郎です。

    今日はほとんど喋ったことのない田中良子ちゃんと喋べりました。
    こんな美人のオシャレとは共通点なんてほとんどないんで唯一に近い共通の話題、加圧式トレーニングの話をしました。
    僕は元々加圧式トレーニングなんてアメリカのカーツさんが考案したビリーザブートキャンプと同じようなもんだと思っていました。
    違うんですね。漢字だったんですね、加圧。
    血管を圧迫しながらトレーニングすることによって、なんやかんや良いことがあるトレーニング方法です。
    いろんな場所を縛るなんて…カーツさんもドSやなぁ。

    さてついに先日からゲキバカの鈴木ハルニさんが参加ですっ!
    なんだか来阪初日から酔っ払い女性二人に絡まれて大変だったようです。

    いやー、いい役者さんですね。何がいいって初っ端から台本通り読まないところが素敵。
    なんとババロワーズに出演する為だけに一週間以上の来阪ですよ。
    そんなハルニさんにバトンたーっち。

    失言レストランワンワン編

    • 2012.10.31 Wednesday
    • 12:54
    Image0334.JPG
    流石鉄平です。

    ババロワの稽古場でも犬扱いの流石鉄平ですが、最近それでもいいかなと諦め入ってます!さて、今日は流石鉄平の犬畜生っぷりをお届けしましょう!

    犬畜生 その1

    拓郎さん「お〜!よしよし!」

    鉄平「ばうっ!へっへっへっ〜!」

    拓郎さん「こらこら〜なめるな〜!…なめるな…なめんなぁぁぁ!」

    ゴスっ!

    犬畜生 その2

    鉄平「この稽古場で落とした靴下、誰のですか〜?」

    良子さん「あ!それ、私のです〜!」

    鉄平「クンクンクン 」
    (手に残った残り香を楽しんでおります)

    鉄平「…イソフラボンのかほり!」

    犬畜生 その3

    姫野さん「鉄平くんって毛並みいいわ〜!昔、飼ってた死んだ犬のベスにそっくりや〜!」

    わしゃ わしゃ

    ダンス後

    姫野さん「ベス〜〜!」

    わしゃ わしゃ ぬるっ!

    姫野さん「うそ!ベスはこんなヌルヌルしてなかったのに!」

    鉄平「ゴメン!もうベスじゃないんだ!」


    以上、犬も大変です!誰か飼い主を探してやって下さい!

    失言レストラン大特訓編

    • 2012.10.26 Friday
    • 18:46
    Image0004.JPG
    流石鉄平です。

    いよいよ本番も間近!稽古も佳境に入ってきました!今回は、ババロワの激しい稽古風景を、もっちりお届けします!

    れいかちゃん先生指導の元、激しいダンスレッスンを繰り返す出演者達がいた!そこには飛びちる血がっ!汗がっ!涙がぁっ!
    (ナレーション 立木 文彦)

    良子「あうっ!」

    れいか「どうしたの良子!そんな事では本番むかえられないわよ!」

    良子「れいかちゃん先生!鉄平くんの汗が、目に入って…!」

    斎藤「もはや飛び道具ですね。」

    戦士の休息…稽古で疲れた心を 癒す為、出演者達は酒場で一時のやすらぎをもとめ、語り合う。
    (ナレーション 銀河万丈)

    鉄平「三十路を越えるといろんな所がユルくなりますね〜。こないだも自宅の前で漏らしましたよ。」

    π子「家の前やったら、オシッコぐらいもうちょっと我慢できるでしょ?」

    鉄平「…オシッコじゃなかったんですよ」

    力尽きた出演者達を載せて、列車は各々の家路に向かう。明日の活力を取り戻す為に…
    (ナレーション 城 達也)

    ガタン ゴトン

    ぼすっ!

    鉄平「ぐふっ!」

    ガタン ゴトン

    (状況 帰りの電車内で、高瀬さんが遠坂さんにニヤニヤ話しかけているのを見て、ムカついたミッチーさんがなぜかオレの腹を殴る音)

    俺、クッションっスね、色んな意味で…

    そんなこんなで、いよいよ本番!期待して下さいね〜!

    田中の良子!どーん!

    • 2012.10.25 Thursday
    • 15:36
    皆さんはじめましてー。

    田中良子ですー!

    普段あまり舞台などに出ることが少ないので、知らないかたも多いかと思いますが、普段はテレビのリポーターなどしてます。
    気になったかたは、おは朝や山のぼり大好きの番組も見てくださーい。イエイ。
    毎日ババロワさんの稽古、めちゃ楽しいです。まじです。みんなはじけまくってるんです!可愛いかたたちが!鉄平くんが!
    個人的に
    ゆかりさんめちゃ素敵ですよ!あほ〜〓毎日笑わせていただいてます。

    是非とも見に来てくださいねー。

    http://481engine.com/rsrv/m_webform.php?d=&s=9ird80gh3v69jj4w&


    次は田中だいちゃん?

    だいちゃんでーす。

    かのうとおっさん有北雅彦です

    • 2012.10.24 Wednesday
    • 18:37

     どうも、コントユニットかのうとおっさんのおっさんの方、有北です。

    今回「妖星アバンチュール」に客演させてもらってます。

    今朝、尻にぶっとい注射を打たれるという悪夢を見て、泣きながら目を覚ましました。
    夢の中で僕は「せめて麻酔をしてから注射してください」と医者に懇願したのに「そんなもの必要ない」と一切取り合ってくれず、情け容赦なく僕のデリケートな部分を突き刺しました。

    こんな悪夢を見た原因はひとつしかないです。
    最近、あのシーンの稽古を散々しているからです。
    あのシーンとは、「妖星アバンチュール」のワンシーン、僕が〇〇されて〇〇され、あまつさえ〇〇なことになってしまうあの濃密なシーンです。

    あれが僕の深層意識に作用し、あんな夢を見せたのに違いないです。

    「ぅおう」「あふぅ」とうめきながら目覚めた僕はこの季節には似つかわしくないほどに汗びっしょりで、息も荒かったです。

    現在、妖星アバンチュールの稽古は熱気を増しており、僕も熱意を込めて取り組んでいます。しかし、それがあだになるとはな・・・!!

    今日のあのシーンの稽古やると思います。悪夢は必至!

    でも、負けずに頑張っていこうと思います!!

    ちなみにチラシの最右に写っている毛皮にパンツの男が僕・有北なんですが、この写真撮影の時もスタジオに行ったら

    「有北君、とりあえず脱いで」と言われ、「このパンツをはいて」とたかせさんの(おそらく私物の)パンツをわたされ、「この毛皮を着て」と言われて毛皮を羽織り、「いいね」「きまってるね」「フォトジェニックだね」とのせられてフラッシュをたかれ続けました。

    もうあの時から僕はババロワーズさんのパワーに圧倒されまくってますから!!

    でも、負けずに頑張っていこうと思います!!

    次の稽古場日記は、藤原タケシさん!

    劇団赤鬼 岡本拓朗おじゃまします☆

    • 2012.10.23 Tuesday
    • 00:03
    はじめまして。劇団赤鬼の巨人岡本拓朗です。はい、デカイんです。バスケしてたからデカイんです。そんな僕が今回初めてのババロワーズ参加なんですが、ここの劇団員の皆さんはフレンドリーに接してくれて。デカくてどちらかと言えば人見知りな僕はすぐに打ち解けました^^; でもその前にババロワーズさんの何人かが関わった“青春探偵”でもご一緒したことがあったので、それもあってデカイ僕は打ち解けました。(もうデカイ連呼はこの辺で…)
    …今回の客演として参加するという返事をたかせさんに連絡した時、たかせさんが“うちのメンバー飛び道具が多いけど…”と言われ、ここだけの話ビビってました^^;
    どんなアプローチで来るんかなぁ〜なんて思いながら…^^; でも僕もその時にたかせさんに“飛んでくるなら、打ち返します”と言ったのを思い出しました。
    僕自身もなんだかんだ舞台を10年以上やってきたので、ここでもう一つ上の段階に行けるようがんばります☆でも、周りがあっての自分だとも思うので、ホント皆で共鳴し合え、皆で創るお芝居にしたいですね☆
    そうそう、その一つとして僕が今まで芝居をやってきて、初めての○○シーンがあるのです!!ここで言えないのが残念ですが、その初めての○○もがんばりますよ〜!!お楽しみに!!
    次の稽古場日記は、かのうとおっさんの(おっさん側?!)有北くんに託したいんですが、まだ本人に言ってません(>_<) また稽古場で直接言いますね^^;
    彼も今回初めてご一緒するんですが芸達者さんなんですわ〜!!そんな彼の日記もお楽しみに☆(プレッシャー…)

    意味は、無い?

    • 2012.10.19 Friday
    • 23:30
    こんばんはキラキラ遠坂百合子です。

    先日、ファンタさんからバトンを引き継いで以来、すでに1週間程が経過してしまいました。のろのろしてて、ごめんなさい!

    私は、日頃、ヤプログでブログを書いております。
    ここは、JUGEM・・・慣れないところは、どうも勝手が違って書きづらく、絵文字一つ入れるのも一苦労・・・これは、おそらく、慣れというよりも、私個人の対応力に問題があるのだと思われます。

    何から書こうか、とても悩んだのですが、なにしろ稽古場日記ということなので、作品について触れたいと思います。

    私は、演劇に関わるようになる前、10代後半の頃は、美術の道に進みたいと漠然と考えておりました。

    「美術の道」といっても、曖昧すぎて謎ですが、漠然と「画家、のようなものになって、気がついたら職業になっていたい」と、恐ろしく漠然とした希望でいっぱいでした。
    それは、「演劇の道」に進みたいと言い、「役者、のようなものになって、気がついらた職業になっていたい」という希望を抱くに等しいようなものかもしれません。

    それで、一生懸命にデッサンを練習したり、自分の作品を描こうとがんばったり、美術展巡りなどしていました。

    ある日、現代美術の展覧会に行った時のこと。

    会場は、「なんだこれ?」といった作品でいっぱいでした。
    ただの平凡な鉛筆が、意味深い?「作品」として透明なケースの中に展示されているのを見た時は、ケースを揺さぶったろか!と思いました。


    でも、嫌いではありません。
    むしろ、好き。

    私は、「なんだこれ?」といった作品を好む傾向があります。

    受け手の解釈次第でどうとでもなったり、個々の想像力を働かせる余地のある作品に心惹かれる習性があります。


    その現代美術の展覧会会場は、様々なお客さんでいっぱいでした。
    「なんやこれ」と言いながら、気軽に陽気に鑑賞する人、
    しかめつらで、深い意味を考えてるっぽい人、
    眠そうな人、等々。

    そんな中、一人の中年男性が、非常口のドアの前で、腕組みをしていました。
    まさかと思ったけどやはり、その男性は、その非常口のドアを作品と勘違いして鑑賞していたのでした。

    男性の奥さんらしき女性が、「それ、作品ちゃうで」と声をかけ、
    え?そうなん?とがっかりした様子の男性。
    納得できない表情で、ドアの前を去っていきました。


    『妖星アバンチュール』は、いわゆるストレートプレイではありません。
    深遠な意味を内包しているとか、文学的叙情を醸しているとか、芸術的問いかけを投げかけるとか、そんな感じの方向でもありません。

    稽古しながら、ナンセンス、シュール、アホ・・・そんな感じの単語が、私の頭の中で点滅中ひらめき

    でも、もしかしたら、何か既存の概念のようなもの?とか、ありがちな思考回路とか、借りものの発想とか、なんらかの窮屈さを破壊しようという、とてもアーティスティックで未来的な取り組みなのかもしれないと思ったりもするのです。

    あの、非常口のドアを作品と勘違いして見つめていた男性は、むしろ正しい行動をしていたのではないかと思われるように、「意味は、無い!」という叫びには、むしろ凄い材料を秘めているのかもしれない・・・そんなことを思う稽古風景なのです。


    ・・・もっともらしい雰囲気を装いながら、たいして説得力のある話はしていない遠坂日記でした!

    次にバトンを渡すゲスト出演者は、浅く弱々しい私の知力など、いとも簡単に踏みつけて粉々にして無かったことにしてしまう剛腕な石臼のようなパワーの持ち主、岡本拓朗さんです!

    ・・・です!と言っても、引き受けてもらえるかな?よろしくお願いします!

    次にまた日記を書くことになったら、ワケのわからなさにおいて壮大なナンセンス・エロチックコメディ映画『Candy』について触れたいと思います。サキ






    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM